fc2ブログ

記事一覧

0 db グラボ

唐突に、グラボを交換しました。

Palit の GeForce GTX 750 Ti KalmX です。

前回のグラボ換装が 2009 年 7 月とのことで、6 年ちょっとぶりのグラフィックス強化となります。

これまでの ECS 9800GT Green Edition は、ファン付きながら動作音が非常に静かで、補助電源不要でバス幅 256-bit と、なかなかほかに浮気する余地のないカードでした。
ここに来て特に不調をきたしたわけでもないんですが、今後自宅のメイン PC に触れる時間がいっそう増えていくことを考えると、経年数からして電源、グラボ、モニタのいずれかをグレードアップしておくのもいいかなと思えたのでした。

それぞれに現時点での代替候補製品というのがありながら、今回あえてグラボを換装することにしたのは、購入した KalmX が補助電源不要のファンレスでなかなかのパフォーマンスを誇るという、ちょっとレアな製品だったからです。
価格.com を見てもドスパラしか取扱店舗がなく、ここで売り切れでもしたら今後入手が難しくなるかもしれないと危惧したのでした。

パッケージ。
IMG_0268.jpg

これまで大変お世話になった ECS GeForce 9800GT GE との 2 ショット。
IMG_0269.jpg

ファンレスなだけに、ヒートシンクの主張っぷりがハンパないです。
IMG_0270.jpg

一応 GPU-Z の情報。
Bus Interface が @ x16 1.1 となっていますが、負荷に応じて 3.0 になります。
151204_KalmX.gif

2009 年 7 月の換装時に、ゆめりあベンチでパフォーマンスを測っていたので、それに倣ってみました (1024 x 768、最高設定)。
あと、タイムリープ ベンチも手元にあったので、走らせてみました (初期設定)。
なお、前回換装時はマザボの制約で PCI-E が x4 動作だったり、今は OS が Windows 10 になったりしています。

ECS GeForce 9800GT GE

 ゆめりあ: 69,000
 タイムリープ: 55 FPS

Palit GeForce GTX 750 Ti

 ゆめりあ: 118,000
 タイムリープ: 139 FPS

ゆめりあで +70% 超、タイムリープで +150% 超の数値向上となりました。
ま、Rails プログラミング中にこの性能向上の恩恵にあずかることは、ないような気がしますがw

ちなみに騒音レベルについては、ECS も文句をつけられないレベルの静かさでしたが、やはりファンレスである以上、KalmX 装着後は PC 全体の騒音レベルが幾分下がったように思います (もともとかなり静かめの PC です)。
こういうパーツをつけてしまうと、今後のパーツ選択は静粛性を追求する方向にどうしても傾いてしまいますね。

このグラボとも、長い付き合いになっていくと思います。


…壊れないでほしい。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かたて

Author:かたて
いろんなものにすぐハマる。そしてすぐ飽きる。
こうした消費スタイルを通じてささやかに日本経済に貢献中。
ちなみに写真はこんなですが、サッカーはやってません。

作った web サービス

月別アーカイブ