FC2ブログ

記事一覧

Ninja 1000 からツーリングセローへ

ついにツーリングセローの納車日となりました。

Ninja 1000 でバイク ショップに向かいます。

Ninja 1000 は、とても様になって、圧倒的な走行性能があって、長距離ツーリングにも対応する、すばらしいバイクでした。
このバイクで走った日々のクライマックスは、やはり潮岬チャレンジだと思います。

それ以外にも、数多くの日帰り長距離 (500 ~ 600 km) ツーリングを可能にしてくれました。
オドメーターは 3 年 1 か月で約 28,000 km。
走った距離もなかなかですが、入手してから手放すまでの 3 年間、一度もコケなかったのは誇れる点だと思います。

IMG_1677R.jpg
さて、そしてツーリングセロー。
スズキ → ホンダ → カワサキと来て、ついにヤマハ車を手に入れました。

おさらいをしておくと、ヤマハのセローというのはこういうバイクです。


(c) ダートスポーツ

…いや、違った。

ま、実際これセローなんですけどね。

レンタルで一日乗ったことがあるとはいえ、ショップであらためて実車の説明を受け、動かしてみたとたんにエンストという安定感ある展開を経て、先ほど帰宅しました。

納車時につけたもの



Ninja 1000 からツーリングセローへの乗り換えは、これまでに比べればそれはそれはお財布にやさしかったので、いろいろ付けてもらいました。

ヤマハ ETC ブラケット

IMG_1892.jpg

レンタル車両ではハンドル バーに一体型車載機が取り付けられていました。
今回はせっかくなので、別体型車載機を専用ブラケット (Q5K-YSK-055-E19) で取り付けてもらいました。
わずか 2 桁のダイヤル ロックで、セキュリティは申し訳程度。
それでもハンドル周りに無防備に付けているよりはいいかなと思います。
ダートを走ったら汚れそうですが、水をかけても一応大丈夫なようです。

ホンダ スポーツグリップヒーター

IMG_1890.jpg

ツーリングセローにはブラッシュガードが付きますが、それに加えて Ninja 1000 でも大活躍したグリップ ヒーター (08T50MGE000) を取り付け。
防風 + 発熱で寒い季節のツーリングもこなしてしまおうという目論見です。
まぁでも、これを取り付けてもらってから気づいたんですが、セローでよくあるハンドル バーの換装が、基本的に不可能になります。
やれたとして、ハンドル アップ スペーサーくらいですかね。
なお、アタッチメントも Ninja 1000 の時と同様、VFR1200F 用 (08T49MGE001) でお願いしました。

ヤマハ ワイズギア パワービーム

IMG_1891.jpg

セローの定番カスタム パーツ (3C5211H00000)。
高速道路を走るならほぼ必須なんじゃないかと思われるほどに、レビューを見かけます。
ツーリングセローはウィンド スクリーンが付いて風防効果が高まりますが、それにフレームの制振をプラスして、そこそこの距離の高速道路ツーリングも積極的にこなしたいと考えています。

SP 忠男 POWER BOX エキゾーストパイプ

IMG_1893.jpg

Ninja 1000 で気になっていたものの、結局手を出さなかった POWER BOX。
セローではエキパイ部分のアフター パーツ (SE2-PB-01) があり、上記パワービームと併せた「パワー」コンボが、かなり定番化している様子。
しかもこれがスリップオン マフラーなどと比べたら、とてもお手頃なんです。
純正エキパイはスチール製ですぐ錆びるという話もあり、ここぞとばかりに取り付けてもらいました。

デイトナ バイク専用電源 2.1A 2 ポート

写真を撮り忘れましたが、こちらも Ninja 1000 の時に大活躍だったので取り付けてもらっています。
場所はアドベンチャースクリーンのマルチパーパスバーでなく、ハンドル バーにしました。
(USB) - (トップ ブリッジ左) - (ETC インジケーター) - (トップ ブリッジ右) - (USB) という形です。
ショップのスタッフさんにはマルチパーパスバーを勧められたんですが、そちらはデバイスのマウントだけでスッキリさせたかったので。

<10/20 追記>
お世話になったショップのブログに、ハンドル周りの写真が載っていました。




最終的な乗り換えコスト



これだけいろいろ取り付けてもらい、もちろんその工賃も支払ったうえで、トータルの乗り換えコストは Ninja 1000 用 POWER BOX よりお安いくらいでした。
それだけ Ninja 1000 の下取り価格をがんばっていただいたというのもありますが、やはり逆輸入大型バイクから国産軽二輪への移行となると、維持費やパーツ費の諸々がかなり抑えられそうですね。

今後の物欲の方向性



ウェアを一新しようと思っています。
とはいえ暑い季節のジャケットとしては、ラフロのアーマーフーディが大のお気に入りなのでそちらはキープ。
端的には、それ以外の季節に向けて「Neo Euro でセローってどうなのよ」というのが率直な気持ち。
上下ブラックで山に入りたくないというのもあります (クマ猟師に誤射されるという話がまことしやかに言われている)。
モトジャージみたいなのはまだスコープ外です、っていうかセローはともかくツーリングセローには合わないか。

ただ、買ったツーリングセローのカラーが白×赤×オレンジ系統なので、いずれにせよウェアを合わせるのが結構難しい。



いっそのことプロテクションを内部化して、ハードシェルにしてしまうという案もあります。



最後に



雨 + 家族都合で今週末は走れません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かたて

Author:かたて
いろんなものにすぐハマる。そしてすぐ飽きる。
こうした消費スタイルを通じてささやかに日本経済に貢献中。
ちなみに写真はこんなですが、サッカーはやってません。

作った web サービス

月別アーカイブ