FC2ブログ

記事一覧

体幹の耐寒を体感するプチ ツーリング

山路 (やまみち) を登りながら、こう考えた。



で始まるのは夏目漱石の「草枕」ですね。
これに続く、

智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。



は E テレの「日本語であそぼ」にもよく出てくる名文句で、平日のなんちゃってサラリーマン生活で蓄積したストレスを解消せんがために、休日になれば山 (林道) へと分け入る自分には、なかなか染み渡る一節です。

そんなわけで今週末も、というところだったのですが。

IMG_2028.jpg
まず、近ごろは山路 (やまみち) を登りながら、こう考えます。



寒い。



季節柄当たり前ですが寒い。
ただ、こちとらツーセロ乗り換えに合わせて一通り秋冬用のウェアをそろえたつもりなのに、それでも走っていると寒い。

さらに言ってしまうと、ここ数日の冷え込み + 乾燥で体調を崩し気味。
今週末は静養を第一にして、早朝からのツーリングには出かけませんでした。
それでも日曜は、目覚ましをかけずに起きた時間からまったり準備をして、3 時間程度のプチ ツーリングへ。
すでに日が昇っているとはいえ、寒さ対策に思いを巡らすツーリングとなりました。

本日のレイヤリング


[トップス]
・モンベル ジオライン M.W. ラウンドネックシャツ
・ラフアンドロード アーマーフーディ
・ミレー TOI ACTIVE INSULATION
・モンベル US ダイナアクション パーカ

[ボトムス]
・モンベル スーパーメリノウール L.W. タイツ
・コミネ SK-638 CE サポートニーシンガード / ロング
・SCOYCO P018-2 TRACKER ウィンターライディングパンツ 防寒ライナー
・SCOYCO P018-2 TRACKER ウィンターライディングパンツ

[その他]
・アルパインスターズ TECH ネックウォーマー
・アライ TOUR-CROSS3
・ラフアンドロード プロテクションウィンターツアラーグローブ
・TCX INFINITY EVO GORE-TEX
・パンツとソックス

こうして見ると、かなりの重装備。
ちょっとした冬山登山でも行けそうなレイヤリングです。
ただ、これでも東名高速を走っていると、あからさまに寒い。
鼻水 + 鼻づまりでしんどい目にあいました。

どこが寒いのか


乗り出す前は、ダイナアクションパーカの防風性が今一つなのかとか、ミレーの 3DeFX+ の保温性があまり高くないのかとか、化繊インサレーションは通気性がある分こういう状況には向かないのかとか考えていました。

まぁ、いずれもそんなはずのない超高機能素材なんですけど。

で、結局どこが冷えるのかというと、

顔の下半分がスースーしまくりなんです。
これはオフメット固有の現象らしく、オンロード フルフェイスでは感じたことのない冷え。

ネックウォーマーで首を覆っていても、あご下からメット内に入り込む冷風を防ぐことはできません。
ツアークロス 3 には TX エアロフラップというあご下の巻き込み風を防ぐフラップがあるものの、焼け石に水。

とは言うものの、実は手持ちのネックウォーマーはハーフ フェイスマスクにもなるすぐれもの。
PA 休憩時に顔の下半分をカバーして再出発したところ、冷えがかなり緩和されました。
オフメットは口の周りにスペースがある分、フェイスマスク状に着用したままメットをかぶることができました。



これからの季節はこの装備も必須ということで。

で、ツーリング行程


ヤビツ峠あたりを考えていたものの、中井 PA で朝ラーしたくて大井松田まで行って下道へ。
丹沢方面へ行って東方向に戻れる林道があればいいなと思っていました。
K710 を北上し、林道三廻部線の入り口に到達したのが冒頭の写真。

舗装林道ではあっても落ち葉が敷き詰められていて、そろそろこういう道に若干のワクワクを感じるようになりました。
そして、いざ走り出して 5 秒後。

IMG_2029.jpg

何この出鼻くじかれまくり感。← ちゃんとリサーチして行け

細かいことを言うと、実はゲートはあっても通行止めとは書かれていませんでした。
さらに、「鍵をかけたらカバーも戻しましょう」みたいな注意書きも。
あぁ、これはいわゆる通行のたびに開閉が必要なゲートなのかな、などと淡い期待を抱いたものの、カンヌキ部分には南京錠が。



詰んだ。



仕方なく K710 を途中まで戻り、ゴルフ場の脇を抜ける小道を走るなどしましたが、あっけなく R246 まで戻ってしまいました。
しかも K710 に折れた交差点からあまり離れていない場所に出たため、ここから帰るにしても再び大井松田 IC から、という出戻り感。
時間的制約からこれ以上の探索も難しかったので、おとなしく帰路についたのでした。



ラーニング


・オフメットは顔の下半分が冷える
・高速で距離を稼ぐペースをセローに期待してはいけない
・中井 PA の朝食にこだわらなくても秦野にすき家 (室川橋店) があるらしいぞ
・林道入り口の固定ゲートの有無くらいは確認しといた方がいい (Google マップでもズームすると表示される)
・セローの振動が心地よくて帰りの高速はやけに眠くなる…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かたて

Author:かたて
いろんなものにすぐハマる。そしてすぐ飽きる。
こうした消費スタイルを通じてささやかに日本経済に貢献中。
ちなみに写真はこんなですが、サッカーはやってません。

作った web サービス

月別アーカイブ