FC2ブログ

記事一覧

【新春恒例】明けてから 2017 年の消費を振り返る

明けた以上はおめでとうございます。

2017 年はフリーランスとしてステップアップし、その過程で海外出張に何度も行くなど、キャリアの面で変化の大きな年でした。
さらにはプライベートでもバイクを買い替え、ツーリング スタイルを一新。
消費生活も 2016 年に比べれば活発になったと思います。

2016 年版に続き、2017 年に買って特に満足度の高かったモノを振り返ってみます。
基本的に、かたてわざでネタにしたものを対象とします。

カーナビのテレビキット



いきなりちょっと小物系ですが、満足度が高かったのだから挙げないわけにいきません。
カーナビ (ディーラー オプション) を走行中でも操作できるようにするキット。
もともと配線の原理はシンプルなのに、それをするためだけのキットでアホみたいな値付けをして暴利をむさぼる業者もいる中、こちらのキットは極めてリーズナブルな価格感。
保証も付いているので、DIY で材料やその加工に手間をかけるよりも合理的な気がします。

ozie ビズポロ


ポロシャツ仕立ての長袖ドレス シャツ。
文字通りのノーアイロンで、かつ自分のスーツ スタイルにぴったりの 39-88 というサイズがあるので愛用しています。
デザイン的には ITAL のシャツの方が好みですが、サイズが 39-87 で袖がちょっとだけ短いのと、枚数が増えてくるとアイロンがけの負荷が増えるので、ITAL とビズポロで半々くらいの枚数をラインアップとして持っておくのがベストかなと考えています。

AOKI CAFE SOHO ジャケット & スラックス


こちらもスーツ関連というか、そのまんまスーツです (セットアップですが)。
「スーツはネットで買ってます」と話すと結構驚かれますが、AOKI のセットアップはすでにネットで 3 回購入し、日々着まわしています。
適合サイズはすでに見えたしフィット感も上々なので、ガシガシ着倒して半年ごとに買い換え・買い足しをしてもいいくらいに思っています。

Legend Walker スーツケース 38L 5403-47


海外出張ネタより。
昨年は海外出張に 7 回行きましたが、最大のラーニングというか tips は、荷物を可能な限り機内持ち込みにするということでした。
出張となると必須の PC も、フロント ポケットに入れておけばセキュリティ チェックや訪問先での対応が楽ちんで、かつ手荷物 (リュックなど) の負担を減らすことにも貢献。
出張ノウハウ記事でも書きましたが、カインズホームでかなりお手頃にゲットできたのも個人的にポイント高めな点。

Bose QuietControl 30


出張のみならず通勤でも、さらには時として騒がしい家庭内でも (笑) 大活躍のワイヤレス ノイズキャンセリング ヘッドホン。
さらにはマイク搭載で音声通話や Skype での会議などにも使用できます。
購入以降、ノイズから守られることで軽減できた自分のストレス レベルというものを数値化できたら、結構な値になるんじゃないでしょうか。
長年使った QuietComfort 3 からの乗り換えという格好になりますが、側圧による痛みや髪にヘッドバンドの跡が付くといった問題から解放されたのが大きいです。

ラフアンドロード アーマーフーディ パッドセット


暑い季節のライディング ジャケットに革新をもたらしたと個人的に感じた一着。
プロテクション強度は申し訳程度とはいえ、胸・肩・肘・背のすべてを保護してくれます (胸部プロテクターは後にハード タイプへ交換)。
シルエットは余計なダブつき・バタつきを嫌う自分にぴったりのタイトさで、それでいて腕が長めの自分にもフィットするまさに「軽・涼・細・長」なデザイン。
試着のためにラフロ川崎店へ足を運びましたが、それ以降ラフロの店舗やブランドが身近になりました。

エディー・バウアー メインステイ パーカー


海外出張ネタで軽く触れただけでしたが、秋冬のスーツ スタイルに合わせるコートとしてはこれが鉄板。
防水透湿生地、脱着式フード、上下ダブル ジッパー、長すぎない着丈など、スーツの上に羽織るレイヤーに自分が求める機能がすべて入っています。
中綿がないので厳寒期はしんどいと思いますが、基本的にこれとマフラー + 手袋で冬の東京での通勤はほぼ事足りると思います。
ショッピングでコート売り場を見るたびに、「自分はすでにいいコートを持ってるんだよな」とつくづく感じるあたり、いい買い物ができたことの証左と言えるでしょう。

ヤマハ ツーリングセロー


Ninja 1000 からのダウンサイジング。
ツーリングの時間は限られているのだから遠くへ行くにも限度がある、そうした中で近場でもこれまで踏み入ったことのないエリアや道を発見させてくれるバイクです。
Ninja 1000 に比べれば取得も維持もリーズナブルで、カスタムのしがいもあります。
最大のメリットは足つきのよさや軽さからくる取っつきやすさですね。
秋に乗り換えたのでシーズン的にはどんどん寒くなっていってしまいましたが、春以降はまたたくさんの新しい景色を見せてくれることでしょう。

iPhone X


モノ単体への出費金額という意味では、これが 2017 年で一番高かったかもしれません (ツーセロは下取りがあったので安く上がった)。
フラッグシップを買ったのだからとこちらの意識が変わったのか、スマホとの付き合い方を地味に変えることとなった一台です。
Apple Pay や Kindle アプリなどを通じて「これ一台で済ませられる」というシーンがこれまで以上に増えたし、そうした傾向を強めてこそ、このような最新デバイスの価値が発揮できるんだと思います。
ホーム画面はデフォルトのままだけどw

まとめ

2017 年前半は海外出張関係、後半はバイク関係の消費が目立ちました。
消費のペースは低くありませんが、何かを手に入れるのに合わせて古いモノを処分することも心がけています。
「管理限界」を超えない範囲でモノを持つというスピリットは大事にしたいです。

あまりネタにしていませんが、Kindle を含めてデジタル コンテンツへの出費も増えています。
物理的にかさばらない分、衝動買いしがちなのはデジタルの方ですかね。

2018 年もモノの価値を見極めたうえで、いいモノには積極的に手を出していきたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かたて

Author:かたて
いろんなものにすぐハマる。そしてすぐ飽きる。
こうした消費スタイルを通じてささやかに日本経済に貢献中。
ちなみに写真はこんなですが、サッカーはやってません。

作った web サービス

月別アーカイブ