FC2ブログ

記事一覧

キャンツー装備を妄想する

ここしばらく、平日はカッチリお仕事、週末に Amazon Prime ビデオでゆるキャン▲最新話を視聴、その後しばらくキャンプ ギアを物色して週明けを迎えるというサイクルになっています。

…いや、まぁ、それ以外にもいろいろやってるんですけど、デフォルメするとそんな感じ。

で、ツーセロに乗って大自然により踏み込むツーリングも始めたわけだし、ここはひとつ、いつかはやっぱりキャンツーだろうな、と。
実際いつになるのかはわかりませんけどね。

実際のところ、物色を続けるほどに Amazon の「アウトドア関連買いたいリスト」が盛りだくさんになってきちゃったので、この辺で自分の考えの整理がてら、まとめてみるという自己中心企画です。

必要なもの

これまで年に 1 ~ 2 回のファミリー キャンプをやってきた関係で、何から何まで新調が必要ということはありません。
ただ、ソロキャンプ ツーリング向けに軽量コンパクトなものを別途入手しないといけないものもいくつかあります。

テント、シュラフ、マット、クッカー、テーブル、チェアといったところでしょうか。

…。

「え、それってむしろキャンプの主要装備ほぼ全部では?」と思った方、鋭いですね。
自分もそう思いますw

案外ファミキャンと使い回せるものって少ないんですね…。

テント

バイクでのキャンプ ツーリングを想定すると、軽量さもさることながら積載時の収納サイズが肝になると思います (たいてい比例しますが)。
あと、設営・撤収の簡単さも大事。
基本的に寝るだけの用途なので居住性はそこまで重視しないものの、雨天時などを考えると前室がちゃんと使えるレベルであることは無視できません。

コスパも踏まえて実直に考えれば、モンベルのクロノスドーム 2 型かムーンライトテント 2 型あたりでしょうか。

 

ゆるキャン▲でムーンライトの 3 型が出てきますが、そんなことはお構いなしに、個人的にだいぶ前からムーンライトテントを意識していました。
設営・撤収の簡単さを重視してのことです。
やはり、ソロだと「縄張り」を作ることにあまり時間をかけたりこだわったりする気はなくて、さっさと確保できるに越したことはないというイメージなんです。
その観点では、DOD のライダーズワンタッチテントを候補に考えていたこともあります。


DOD も悪くなさそうですが、収納サイズやテントとしてのクオリティを考えると、モンベルに安心感があります。
あとはクロノスかムーンライトかとなりますが、居住性なら前者、設営の手軽さなら後者となる模様。
ただクロノスも別に設営が面倒ということはなくて、ムーンライトがズバ抜けているということなのでしょう。


気持ちはムーンライトなんだけどクロノスが安パイかなと思ってしまう要因は、前室。
Yahoo! 知恵袋に出ていたこのコメントには考えさせられます。

ツーリングで使うのが前提であるなら、雨の日はその前室を利用して煮炊きする可能性が非常に高いです。
その場合、お二人で並んで煮炊きができるのはクロノスです。
もちろん煮炊きですのでフライを開ける必要がありますが、ムーンライトはフライを開けると、前室は雨が降り込んできて使い物になりません。
つまり、ツーリング目的であるなら、クロノスドームがベターな選択であると考えます。

ムーンライトにミニタープを加えれば雨の問題もクリアできそうですが、そうすると荷物が増えますね…。

シュラフ

ファミキャンはこれまで真夏にしか行ってないので、自分はシュラフを使っていませんでした。
他の季節にも行くとなれば必要になりますが、いかんせん家族が野宿で寒さを感じることを極端に嫌っているので…。
ソロで真夏以外にもキャンプなどとなれば、そりゃシュラフが必要になります。

軽さ、暖かさ、収納サイズともに、文句なしにすぐれているのはダウン。
価格だけがネックというわけですが、キャンプでしか出番がないだけに、あまり高いものを買っても仕方がないという点も無視できません。

化繊も視野に入れていろいろ探してみると、やはりモンベルのこの辺に落ち着きそうな気がします。


当方、モンベルの回し者ではありませんw

同じモンベルのマミー型ダウン シュラフでキャンプ向けとされるダウンハガー650 #3 と比べて、重さは 200 g、対応温度も 2 度しか違わず、7,000 円安い価格。
収納サイズは一回り (2 リットル分) 大きくなりますが、36 x 18 cm というのはシュラフとして許容範囲内なのではないかと。
…ヨーシランケド

マット

ファミキャン用に大きなエアーマットだの大きな EVA フォーム マットだのがありますが、1 人用サイズはありません。

軽さやサイズを考えればエアー式でしょうが、穴が開いたらそれまでよという非情な世界。
フォーム タイプは軽いけれでも小さくならない。
重量は重いけれども、サイズと耐久性で間をとれるのがセルフ インフレータブルなやつでしょうか。
それぞれ気になっているのはこんな感じです。

  

登山ならともかく、バイクなら重量にはちょっと目をつむれるので、コスパも含めて 3 つめのやつが最有力かな。

クッカー

どうせ大した料理はしないのでこれで決めてます。


クッカーはこれまで持っていなかったので、これならファミキャンにも転用できます。
何かを買うタイミングで一緒にポチる予定。

テーブル

ファミキャンでは脚を収納して二つ折りにする 120 x 90 cm の、いわゆるキャンピング テーブルを使用。
ソロ用には別途必要ですね。

ド定番はキャプテンスタッグ アルミ ロールテーブルですが、高さが低すぎるという声もちらほら。
もうちょっと芸のある、所有欲を満たすものをと思ったら、これに出会いました。


ヘリノックスのテーブルワン。
価格が 9 倍くらい違いますね、はい。
でもこれ、キャプテンスタッグのテーブルより軽いんですよ。
収納サイズも長さはほぼ同じ、太さが一回り違うくらい?
そしてテーブル トップの面積が約 2 倍。

…ファミキャンのサブテーブルとしてもメチャクチャ役に立つ気がする (正当化)。

これは正直、アリだと思ってます。

チェア

テーブルがヘリノックスとなったら、チェアはこれでしょう。

 

はい、チェアワンのバッタもん

いやー、チェアも純正を行っとけよという気はしますが、スペック的にほぼ変わらないんですもん。
チェアはバッタもんがあるけど、テーブルはなさげ。
あと、純正チェアワンってキャンプ場などで盗まれる事例がままあるらしく、テーブルなら仰々しくいろいろ載せていれば心理的抑止が効きそうですが、チェアはそうもいかないので、いざとなればチェアをオトリにしてテーブルを守ろうかと…。

で、結局どうするか

先に書いたようにクッカーは何かの折にポチります。
テーブルとチェアは、5 月の子供の運動会でも使えるのでそれまでにはゲットしておきたいと思います。
マットはやろうと思えば夏のファミキャンに導入できますが、テントとシュラフはホントにソロの決意をしないと手が出ないでしょうね。

ま、ゲットしたらもちろんブログのネタになりますわ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かたて

Author:かたて
いろんなものにすぐハマる。そしてすぐ飽きる。
こうした消費スタイルを通じてささやかに日本経済に貢献中。
ちなみに写真はこんなですが、サッカーはやってません。

作った web サービス

月別アーカイブ