FC2ブログ

記事一覧

春のビーチ BBQ で強風に敗れるの巻

日曜は暖かい彼岸の入りで、日差しと暖かさで桜がほころぶお出かけ日和などと言われたので、喜び勇んで内房のビーチへ BBQ に行ったら、吹きすさぶ強風に打ちのめされて帰ってきたというお話です。

いや、出だしは結構よかったんですよ。
アクアライン渋滞がそこまでないうちに通り抜け、道の駅や地元スーパーでちょちょいと買い出しも済ませ、11 時過ぎに岩井海岸へ到着。

ひとまずタープを張ってファニチャーもセットして、さあやるぞと意気込んだタイミングでの写真。

IMG_0275R2.jpg 

この時はまだ、後からあんなことになるなんて、思いもしなかったのです (定番)。
今日は昨年買っていたユニフレーム ファイアグリルのデビュー戦でもあります。
手早くセットして燃料のエコココロゴス ラウンドストーブに着火したあたりから、風の勢いが気になってきました。

ここでまず、タープの張り綱の一本が引きちぎられます。
タープに付属していた細いもので、かつ経年劣化もあろうということで仕方ない側面もあります。

ただ、いざ BBQ を始めると、風の吹き付け方がハンパないものに。
風上に背を向けておかないと、グリルの火がかき消されてしまいそうなほど。
実際、ラウンドストーブの一つは湿気ていたのか、ちゃんと燃えてくれませんでした。

吹きすさぶ強風に箸や皿を飛ばされないようにホールドしつつ、七輪に比べて焼けるのに時間がかかる食材たちと奮闘。
アウトドアは不自由を楽しむものと言いますが、あまりに不自由 & 風当たりが文字通り辛くなってきます。

そうこうするうちに風上側の張り綱がもう一本ちぎれ、タープが崩れかけます。
子供たちを動員して立て直そうとするも、ポールやタープを手で押さえておくのもかなり大変な強風に。
タープをあきらめて収納し、吹きさらしの中で BBQ 継続を試みましたが、子供たちが車に避難するほどになったので撤退を決意。

砂まみれできれいな撤収もままならず、ひとまず車にすべて押し込んで逃げ出しました。

ラーニング

タープは基本的に風よけでなく日よけのためのものということで、強風の時は使わないというのが原則。
ただ今日のように序盤はそうでもないので張ったとして、風が強まるのを受けてどうすべきだったかというと、たぶん風上側を思いっきり下げてみればよかったのかなと思います。
風上のタープ頂点を直接地面にペグダウンするくらいにして、風下側もあまり高くし過ぎない程度に抑える。
今日のコンディションでは日よけはあまりいらなかったので、こうしてとにかく風よけを意識したレイアウトを試してみる価値はあったと思います。
ま、風速 15 m/s くらいあったかもしれないので、何をやってもダメだった感じはアリアリでしたけどね。

ユニフレームのファイアグリルは、ラウンドストーブの不調もあって「ガンガン焼ける!」みたいな印象はなかったです。
ただ、なかなか絶妙な距離感でじっくり熱を与えてくれるようで、外はパリパリで中はジューシーみたいな焼け方にちゃんとなっていました。
風がなくて炭もちゃんと燃えてくれれば、もっといい BBQ 体験になると思います。

意外にワークしてくれたなと思ったのが、砂地用のプラペグ。
ホムセンで買ったオリジナル ブランドの 6 本組でしたが、ビーチの砂でもがっちり固定してくれました。
足りない分にエリッゼステークを使ってみると、これもまたガッチリ。
前回はタープ付属のピンペグでまったく固定できず苦戦していましたが、ちゃんとしたペグを選べば大丈夫ですね。

 

あと、少なくともタープのメイン ポール分の張り綱は、付属の細いものを使用中止としますw
ちぎれるとかないわ。

学びの多い BBQ デイキャンプになりました。
来月あたりにリベンジできるといいなぁ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かたて

Author:かたて
いろんなものにすぐハマる。そしてすぐ飽きる。
こうした消費スタイルを通じてささやかに日本経済に貢献中。
ちなみに写真はこんなですが、サッカーはやってません。

作った web サービス

月別アーカイブ