FC2ブログ

記事一覧

キャンツー装備を妄想する (2)

いつかは行きたいキャンプ ツーリング。

半年前に記事を書いてから、まだ行けてませんがギアはちょっとずつ充実してきました。

っていうかあとはテントがあれば一応行けちゃうのかな?
ってことはデイキャンプならもはや可能ということですね。

前回の記事以降に入手したものを中心とするのギアの一覧と、それでもまだそろえる必要があるものについての妄想です。

シュラフ

前回の記事から間もなく購入しました。
基本的に夏くらいしか行かないと割り切って、Terra Hiker のコンパクトな化繊ものです。


7 月下旬に北海道に旅行した際、キャンプ場でレンタル テント泊をしたときと、8 月上旬の北軽井沢キャンプで使用。
さすがにそのあたりのコンディションではまったく問題ありません。
秋口くらいなら中に着込むものと、場合によってはすでに持っている同ブランドのエマージェンシー シートをシュラフ カバー代わりに使うこととで対応できる気がしています。

マット (からコットへ)

北軽井沢キャンプの件で書きましたが、エアー マットを買って使っています。


こちらも北海道と北軽井沢での 2 回使用。
前者では快適でしたが後者は寝付くのに苦しんだ件があるので、マットのせいではないかもしれないにせよ評価は半々という気持ち。

そこで先日、気になっていたコットを Amazon タイムセールでゲットしました。


コットで寝るという手は以前からかなり興味を持っていましたが、マットと比べて重くて高く、かといって安かろう悪かろうでちゃんと寝られなかったら元も子もありません。
理想形はヘリノックスのコットワンですが、さすがに勇気が出ないレベルの価格感。
妥協点をいろいろ探りつつ、ヘリノックスのコットライトの方のオマージュ品 (笑) らしきこちらをポチった次第。

家で一度組み立ててみた分には、特に問題もなく使えそうです。
とはいえ構造上、腰の部分にすき間ができて負担になりそうな予感はあるので、マットを併用した方が安全でしょうね。

クッカー

前回記事の翌日に EPI をポチってました。


ブログに書くことで物欲が正当化され、電撃作戦的行動に結びついた典型です。

テーブル & チェア

これらは別記事に書いたとおり、ヘリノックスパチノックスです。

 

あと必要なもの - 1. テント

何はともあれテントですね。

最近ぐるぐるしている思考の流れはこんなです。

1. モンベルのムーンライト 2 型
〇 設営・撤収が簡単、機能的にも安心
× ちょい高い、グラウンド シートが追加で必要
 ↓
2. Amazon 中華 (Naturehike とか)
〇 グラウンド シート付きでコスパ高い
× それなりに性能を求めるとそこまで安くない、設営・撤収が比較的面倒
 ↓
3. コールマンのクイックアップドーム
〇 設営・撤収が超簡単、性能・デザイン・価格よし
× ポップアップ式の収納形態と重さは積載にマイナス、1 人用はちょっと狭い?
 ↓
(1 に戻る)

クイックアップドームは最近知ってちょっと衝撃を受けました。
ブランドと機能を考えるとこの価格はかなり魅力的。
一方で積載を考えたら 1 人用一択で、寝るだけならギリギリ許容範囲かもしれない広さ。
しかも前室は最低限の使い方しかできなさそうで、そこまでミニマムな割に他と比べて重いってのは難しいところ。

あと必要なもの - 2. 積載する入れ物

トップ ケースやツーリング バッグにあたるものを持っていないので、いざ諸々のギアを持っていくとなると、入れるものが必要です。

考えたことのある選択肢は 3 つ。

取り付け済みの XS ベースパックと連結可能な防水バッグ。
何を入れて何を入れないかによるとはいえ、サイズ的には L で十分?

こちらすでに持っていて、車での買い物やキャンプで活躍中。
キャリアにくくりつけて、天気が心配な場合は防水のためにブルー シートをかぶせるとかすればローコスト ソリューションの予感。

これはこれで雰囲気が出るけど、見た目にどうだろう…。
キャリアへの固定方法にちょっと工夫が必要。

あらためてこうして見ると、2 が手軽とはいえ 1 が鉄板ですかね。
選ぶテントにも微妙に影響されるので、まずはそちらが先とは思いますが。

さぁ、キャンプ ツーリングに行こう

…などと CAMP HACK の記事のまとめ見出しみたくしてみましたが、

まだ今のところ予定はございません。

まずはデイキャンプから、というのもアリですが、日帰りなら走るだけ走って遅くならないうちに帰る習性が身に付いちゃってるんですよね…。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かたて

Author:かたて
いろんなものにすぐハマる。そしてすぐ飽きる。
こうした消費スタイルを通じてささやかに日本経済に貢献中。
ちなみに写真はこんなですが、サッカーはやってません。

作った web サービス

月別アーカイブ