FC2ブログ

記事一覧

ハンドルカバー最適化

フィッティング改善

先日ツーリングセローに導入したハンドルカバーですが、ポン付けではフィッティングが今一つだったのでプチ加工をしました。
そもそも何が問題かというとですね。
ツーセロのハンドガードは、グリップエンドへ向かうにしたがって後方へオフセットしています。
ラフロのハンドルカバーは、ハンドガードにフィットさせる前提ですが、こうしたオフセットをあまり考慮していないデザインの様子。
すると、ポン付けではハンドルカバーがやや前に残る格好になり、手首がはみ出てしまうんです。
…文字だけで説明しても、わかりづらいかもしれませんがw

とにかく、要はハンドルカバーとハンドガードの間に無駄な空間を作らず、なるべく密着させたいんです。

最終的にどうしたかというと。
グリップエンドに細引きをかけ、ハンドルカバー前方にある水抜き穴から引き出して留めました。

IMG_1585.jpg 

水抜き穴がそこそこ大きいので、細引きの結び目だけでは中に入り込んでしまいます。
そこで、留め具を作りました。

お手頃価格のタープに付属していたプラ製の自在をカット。

IMG_1584.jpg

水抜き穴の外側に留め具を当てています。

IMG_1587.jpg

あとは細引きにテンションをかけて、結ぶだけ。
ホントは調節を容易にするために、プッシュ式のスライダー (?) みたいなのを付けることも考えましたが、紐の細さとテンションの関係から手持ちのものでは使えなさそうだったので、ひとまず結ぶだけ。← もはや見た目的なものはかなりどーでもよくなっている

IMG_1588.jpg

 これでフィッティングはかなり改善しました。

ハンドルカバー用グローブ

ハンドルカバー + グリップヒーターだとゴツい手袋は不要になり、その分だけハンドル周りの操作性やスマホ操作などに適したグローブを使うことができます。

で、現在 2 種類試しています。

IMG_1625.jpg

左がコストコで買った、チロリアのグローブ。
冬場のランニングとかで使うようなやつですね。

IMG_1626.jpg

フィット感は上々で、スマホ操作の反応もバッチリ。
ただ、これだけだとハンドルカバーでも寒いかもw
防風フィルム的なものが入っていることを勝手に想像していましたが、たぶんないです。
手のひら側はグリヒで温かくできますが、甲側は結構スースーします。

一方、右に写っているのはホムセンで買った、むにゅぴタッチなる手袋。
よくあるニット手袋に、ボアの裏地がしっかり入った、厚手のグローブです。

IMG_1627.jpg

スマホの反応は上々、そしてチロリアよりも防風・防寒性は高いです。
惜しむらくは厚さとその二層構造ゆえに、スロットルをひねる操作でちょっとダイレクト感に欠けます。
手のひら側に滑り止めもないので、「グリップと表地」、「表地と裏地」のそれぞれでビミョーにずれが発生するイメージ。
走り続けているとちょっと手首が疲れてきます。
あとは、素材ゆえにベルクロに引っかかって負けちゃうのは致し方ないところ。
 
 今のところツーリングでは、この 2 双を使い分けて走っています。
これらの間をとるようなグローブで最適解としたいところですが、それぞれそれなりに使えるだけに、これ以上グローブを増やすかどうかはちょっと考えものですな。。
何かのついででいい感じのものに出会ったらめっけもん、くらいの感じで見ていきます。
スポンサーサイト

コメント

No title

16年式忍千に乗る前にバーグマン200に乗ってました。色んな人に「変わった奴に乗ってるね」と言われましたが 自分的には結溝お気に入りでした 2回目の冬にグリヒとハンドルカバーを付けて
コタツ状態で快適でしたが ある日走っているとわき道から車が急に飛び出してきて 幸いにも車両同士の接触は避けられたものの バイクはブレーキがロックして・・転倒・・廃車 あれ以来私はカバーはつけていないです どうしても操作性は落ちるので かたてさんも気をつけてくださいね ちなみにグローブはいつもインナーグローブを使ってました 今思えば 自分なりに気を使ってたのでしょうが・・

No title

>tanisi さん
ハンカバの典型的なリスクですよね…。
ラフロのカバーは出し入れがしやすい設計だとは思いますが、それでも走行中に一瞬でもハンドルから手を離すことにはかなり慎重になっています。
ハンドルガードとグリヒがあるので、究極的にはハンドル周りを完全に覆うカバーでなくても、ガードを中心に「C]の字型で防風するちょっと大きめのフラップ (ハンドルガード拡大キット?) みたいなのがあればいいのになーとも思ってます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かたて

Author:かたて
いろんなものにすぐハマる。そしてすぐ飽きる。
こうした消費スタイルを通じてささやかに日本経済に貢献中。
ちなみに写真はこんなですが、サッカーはやってません。

作った web サービス

月別アーカイブ